スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主治医の退職




3月30日、さくらがお世話になっていた
動物病院の獣医さんが退職されました。




前もって30日で最後と聞いていたので、
お礼の気持ちを込めた少しのプレゼントを持って行きました。




本当はさくらも連れて行きたかったけど、



29日に大きい発作がきてしまい、
座薬もきかず危ない状態のままだったので断念しました。。。



さくらの分も、感謝の気持ちを伝えると・・・



先生からもお礼を言われました。




11月22日、さくらが突然泡を吹き倒れて、
パグ脳炎と診断され
12月1日に(なかば無理やり)退院するまでの間、
さくらは生死をさまよっていました。



息をするのがやっとで
寝返りすらうてない状態で
「安楽死」も提案されました。




先生は
「パグ脳炎でここまでなってしまって、頑張れる子は見たことがない。
 僕だけじゃなくて、ここにいる獣医師誰も見たことがなかった。
 本当に奇跡だと思います。
 でも、獣医師みんなでさくらちゃんを見てて、
 治療の甲斐がなくても諦めなければ
 助かる命があることを教えられました。
 今後も、いかなる状況にあっても、治療をやめてはいけない。
 と、皆が思うことができました。
 だから、さくらちゃんのおかげで、今後助かる命がたくさんあると思います。」


と言ってくれました。



本当に嬉しかったし、
あらためて、さくらはすごいなぁと思いました。



でも、私が諦めなかったのも、



さくらが諦めなかったのも、先生のおかげだと思うんです。



安楽死を提案の1つとして挙げながらも、
少しでも前日と違う様子をみつけて、報告してくれた。



さくらの様子が悪くなったとき、
夜中でも先生から電話がかかってきて治療してくれた。



私から見ても、えさなんて食べれる状態じゃないだろう・・・って思うときでも、
先生はえさを食べれるかどうか試し続けてくれた。




先生が主治医だったから、私もさくらも頑張れたと思うんです。




もう、先生以上に良い獣医さんには
今後会えないだろうなぁ。。。。。




先生は実家の近くで再就職をするそうなので、
これからもたくさんの命を救っていかれるんでしょう。



私とさくらは、いつまでも先生を応援してます




画像 1578


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さくちゃん その後いかがですか?
落ち着いてくれていることを祈ってます。

素敵な獣医さんに出会えたね。
退職は寂しいけど、その先生なら引き継ぎも大丈夫だね!
あずきのかかりつけの病院の診察室に
心病める飼い主に寄り添った診療をするって書いてあります。
私はこの言葉を見て、ずっとこの病院でお願いしたいと思いました。

No title

さくらちゃんが頑張ればみんなが頑張れる。

みんなが頑張ればさくらちゃんはもっと頑張れる!

支え合い笑顔で頑張ろうきゅあさん!

のんさんへ

「心病める」ですかぁ・・・
今の私にピッタリじゃないですか(笑

そういう気持ちを持って診てくれる獣医さんて
ほんと少ないんじゃないかなぁ。。
けっこう冷たい言い方されたり
適当な扱いされて悲しい気持ちになること多いです。
獣医だけじゃなくて、人間を診る医者もそう。
特に治らない病気になると
「どうしようもない」としか言ってくれない。
少しでも良くなれば、楽にできればと相談してるのに
もう見捨てられたって感じるんですよね。
良いお医者さん・病院との出会いは大切ですねv-22

モコ父さんへ

コメントありがとうございます!
さくらの頑張りには皆びっくりさせられます。
こんなに頑張れるんだって教えてもらってるみたいです。
このブログを見て
自分ももっと頑張れるって気持ちになったり
1日1日がとても貴重なものだと思えたらいいな。

プロフィール

きゅあ

Author:きゅあ
パグ犬さくらの大好物へ
ようこそ♪
三重県で
パグ犬の着ぐるみをかぶった
さくらとのんびり暮らしてます☆

↓ こっそり参加中 ↓
  にほんブログ村 犬ブログ パグへ
↑応援してね(^3^)↑

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショッピング
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
パズル用品
次回予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。